ムリをしない!溢れた書類をコンパクトにまとめるコツ

溢れた書類をコンパクトにまとめるコツ

効率的な収納法

仕事や、私用でも、急いでいるときに限って、必要な書類が見つからないという経験は、あるのではないでしょうか。
返信用にプリントアウトした資料がない、保険証どこにしまったっけ?など。
机の上や棚が書類で溢れていて、どこにあるのか分からなくなってしまう。

その度に、もっと日頃から整理整頓しておけばよかったと、反省したりします。
お恥ずかしながら、筆者もその一人、どちらかといえば片づけが得意なほうではありません。

溢れている書類を、まずは溢れないようにしたいものですが、どうしたらいいでしょうか。
調べてみると、いくつかアプローチがみえてきました。

分類して、散らばらないように収納する。
あまりしまいこまず、雑然と積み上げたほうが、どこに何があるのか把握しやすいような気持ちになる方も、いらっしゃるかもしれません。
ただやはり、忙しい日々の中で記憶の限界や勘違いも起こるでしょう。
また、自分以外の人に協力してもらう場合には、難しいという問題も考えられます。

必要のないもの、いらなくなったものは捨て、枚数を減らす。
もったいない、とっておけばいつか必要かもしれない、などの感情から、なかなか捨てられないということもあるかもしれません。
一方、捨てられないものに紛れて、必要なものがなかなか取り出せなかったとしたら、それは課題のひとつともいえると思います。

出来るものは電子化して、紙を少なくする。
事務的な郵便物やFAXをメールにしたり、あまり難しく考えなくとも気をつければ出来ることは、あるのではないでしょうか。
 
より具体的な説明をしながら、ちょっと片づけが苦手な方も、ストレスなく書類をコンパクト化する方法を、まとめてみました。